ウイックスのコンセプト
靴下・インナーウェアのウイックス(WIX) TOP > ウイックスのコンセプト

ウイックスのコンセプト

We Initiate Something New.

WIXとは、積極的な企業姿勢の表明。
企業理念である”WE INITIATE SOMETHING NEW”に由来する社名WIX(ウイックス)。
それは、新しい価値の創造をめざす積極的な姿勢を表明した社員全員のメッセージでもあります。

地球を心地よさで満たしたい

好きな人の笑顔、気持ちのいい風景、目標をクリアしたときのすがすがしさ…。人が幸せを感じるとき、そこにはさまざまな心地よさが存在しています。私たちウイックスも、靴下づくりを通して履き心地のよさ、そこから生まれてくる心地よさを追求してきました。そして今、より大きな心地よさを求めて、私たちのフィールドはどんどん広がっています。インナー事業へ、さらにアパレル分野全体へと進展。

WE INITIATE SOMETHING NEW(新しい価値の創造をめざす)を企業理念として、積極的に活動領域を拡大中です。私たちの夢は無限大。地球全体を私たちの提案する心地よさで満たしたい…。そんな素敵な夢を実現するための確かな一歩一歩を、私たちは今日もしっかりと歩み続けています。

ウイックスの手がけるアイテム

靴下やインナーウェア、ネックウォーマーなどのメーカーとして、様々なアイテムを生産

ウイックスは靴下やインナーウェア、ネックウォーマーなどのメーカーとして、様々なアイテムを生産しています。
糸や素材、履き心地にこだわったWIXオリジナルブランドだけでなく、様々な有名ブランドのライセンスを取得しそのデザインを生かして生産したライセンスブランド、そして海外有名ブランドのソックスやインナーウェアといったアイテムを生産している海外輸入ブランドを展開。

生産にあたっては、綿密な商品企画会議を経て開発がスタートします。
新素材や縫製方法の最新情報に、企画スタッフ自らが海外へ飛び出して収集した新鮮な情報をプラス。
そこに、メーカーとして75年を越えた経験と実績から導き出された数々のノウハウを駆使することで、企画意図に忠実な心地よさを実現した商品が誕生します。

完成した商品に対しても、ウイックスではスタッフがショップなどに出向。
商品ディスプレイやカラーコーディネートなどのサービスを実施しています。

ウイックスの歩み

昭和12年(1937年)、創業者である上堀信之が船場での丁稚奉公を経て当時の洋装化やファッション化をとらえ靴下メーカーとして起業しました。第2次世界大戦中の中断はありましたが、常に先端的な製品の創作を行い、アイデアメーカーとして実績を重ね、昭和35年(1960年)に上堀靴下株式会社として会社組織としました。

その後、靴下以外のアイテム増も踏まえ平成2年(1990年)、社名を現在の株式会社ウイックスに変更し、同時に今の本社ビルを竣工しました。柄物ソックスを得意とし、常に先端の情報収集及び提案の為、積極的に海外の展示会などにも参加し、いち早く海外ブランドを導入しました。代表的な事例としてアメリカから導入したルーズソックスの一大ブームは記憶に新しいところです。

現代の情報化社会やグローバル化の流れを受け、世界中のファッション情報収集に力を注ぎ、世界の有名ブランドや国内有力ブランドとの提携を積極的に進めています。また、当社生産拠点も中国などを中心に海外のウエイトを増大させ、より商品価値を高めれる物作り背景を常に開拓しています。

さらに、当社直営店舗やWEBSHOPの運営を通じて消費者の生の声を当社オリジナル商品などに反映させる仕組み作りも進めています。ソックス及びインナーウェアを中心に大阪本社、東京支店、上海WIX、直営店舗、WIX社員一人一人から常に新しいご提案を行っています。

創業80周年を迎えようとする当社の姿勢はこれからも何も変わりません。

常に新しい価値を創造しお客様に心地よさを提供するをモットーに日々チャレンジを続けていきます。失敗を重ね、時には前に進むことが難しい事も。それでもまた、失敗を恐れず挑戦し一歩づつ前進し続けます。80年の感謝を製品に込め、これからもお客様に喜んでいただけるよう努力し続けます。

靴下・インナーウェアのOEM